良きパートナー

会社設立、そのとき、あなたは税理士に依頼をするべきであり、節税等に関して積極的に提案してくれる税理士に是非ともお願いしたいものです。更に料金が明確であることも、大事なポイントです。年末調整代行料や給与支払報告書作成料、更に法定調書作成料と言ったものなど、追加料金を徴収するケースが多くあります。そのとき、税理士に依頼して、顧問料が年間で済むと判断はしないようにしましょう。

そして、はじめて会社設立という場合、一年きりで、税理士とのおつきあいは終わる訳ではありませんので、2年目、3年目以降の料金にも注目して、更に、いろいろなサービス提供がされるかという点も注目してみてみたいものです。

会社設立という場合、求めているのは、やっぱり頼もしいパートナーです。その依頼した税理士は、起業という手続きにあまり慣れてないケースもあります。起業時にしかできない節税があり、依頼した税理士は、しっかりそのような問題をアドバイスすることが出来るでしょうか。それは税額に数百万円の差が出ることもあり、まさに会社設立しようとしている人たちにとって大きな問題です。そのとき、会社設立の良きパートナーは、毎月起業案件を取り扱っている税理士事務所です。

関連HP【会社設立支援・税務顧問に強い税理士ならアディーレ会計事務所